トップページ › 兵庫県の経済・雇用情勢は持ち直しの中、足踏みが続いている(4月情報)/兵庫県5月2日発表

兵庫県の経済・雇用情勢は持ち直しの中、足踏みが続いている(4月情報)/兵庫県5月2日発表

兵庫県は、5月2日、県内景気の動向を需要、生産、雇用等の各種統計データから判断し、4月の兵庫県の経済・雇用情勢は、持ち直しの中、足踏みが続いていると発表した。 発表によると、景況等…景気総合指数は、持ち直しの動きの中、足踏みしている。企業の業況判断は、震災による落ち込みから持ち直しつつある。ただし、海外景気の下振れや円高への懸念などが残っており、先行きについては慎重な見方となっている。需要…個人消費は、持ち直しつつある。輸出は、持ち直しの動きが鈍化している。設備投資は、製造業を中心に持ち直しの動きがみられる。生産…鉱工業生産指数は、横ばいで推移しているものの、一部に弱い動きもみられる。雇用…有効求人倍率は、低い水準にあるものの、持ち直しの動きがみられる。金融…倒産件数は、前年同月と比べ減少した。 
としている。