トップページ労働問題Q&A > 10 パートの税金

10 パートの税金

Q パート収入の非課税限度額は

A 年収103万円を超えると所得税が課税される

解説

所得税の非課税限度額:103万円

パート収入は、給与所得となる。給与所得者の場合、課税される所得は、年収から給与所得控除額(収入が162万5千円までの場合は65万円)と基礎控除(38万円)があり、年収103万円までは所得税がかからない。さらに個人の事情(扶養家族人数や医療費、社会保険料、生命保険料などの支払い等)に応じて税負担が調整される。たとえばパート収入が120万円で所得控除が基礎控除だけとすれば、課税される所得は17万円となり、所得税額は5%・8,500円となる。

配偶者控除と配偶者特別控除

夫に所得があり妻に所得がない場合は、配偶者控除が受けられるが、妻にパート収入がある場合には、その収入に応じて、夫は配偶者控除または配偶者特別控除が受けられる。(表1参照)
配偶者控除
妻のパート収入が103万円未満であれば、配偶者控除が受けられる。
配偶者特別控除
配偶者特別控除は妻のパート収入によって調整されるが、パート収入が103万円を超え141万円未満であれば受けることができる。ただし、夫の合計所得が1000万円(給与収入で約1231万円)を超える年には受けることはできない。

住民税の非課税限度額:100万円

住民税は、前年の所得額に対して課税される。年収が100万円以下の場合には、給与所得控除額65万円の控除後の金額が住民税の非課税基準(35万円)以下になるので、住民税は非課税となる。(表2参照)

表1 配偶者控除と配偶者特別控除(所得税)の関係

パートの年収 配偶者控除額 配偶者特別控除額 合計
103万円以下 38万円 38万円
103万円超  105万円未満 38 38
105万円以上 110万円未満 36 36
110万円以上 115万円未満 31 31
115万円以上 120万円未満 26 26
120万円以上 125万円未満 21 21
125万円以上 130万円未満 16 16
130万円以上 135万円未満 11 11
135万円以上 140万円未満 6 6
140万円以上 141万円未満 3 3
141万円以上

表2 パートの年収と所得税・住民税

夫の税金 本人の税金
配偶者控除 配偶者特別控除 所得税 住民税
100万円以下 非課税 非課税
100万円超 103万円未満 非課税 課税
103万円 非課税 課税
103万円超 141万円未満 課税 課税
141万円以上 課税 課税

<< 9 パートの社会保険

11 セクシュアル・ハラスメント >>