4.その他の支出について

(1) 要介護者の状況
 「要介護者がいる」世帯は全体の13.5%(126人)であった。さらに、要介護者がいる世帯での介護費用の平均は57,265円であるが、標準偏差86,349.6とかなりばらつきが大きい。

(2) インフルエンザ等の保険適用外の予防接種
 インフルエンザ等の保険適用外の予防接種の年間接種回数については、まったく接種しない世帯は35.5%であったが、1回以上受けている世帯は61.1%となっている(残り3.4%は無回答)。
 なお、1回以上の接種をしている世帯で、同居世帯人員1人あたりの年間接種回数の平均は0.73回となっている。
 また、家族構成では「夫婦+小学生未満」(2.95回)、「夫婦+小学生」(3.09回)、「夫婦+小学生未満+小学生」(3.73回)、「夫婦+小学生+中学生」(3.56回)が他の家族構成に比して接種回数が多く、小学生から中学生を持つ世帯に接種回数が多いという特徴がみられる。

(3) 自家用車
 自家用車の平均保有台数は1.63台であり、「1台」保有者は414人(44.3%)、「2台」保有者は327人(35.0%)おり、保有していない人は63人とわずか6.7%であった(図表47)。
 また、「居住地域別」にみると、「北播磨」「但馬」「丹波」「淡路」は平均保有台数が2台以上となっており、公共交通機関の整備との関係性が表れている(図表48)。なお、「家族構成」「年齢区分」に関しては区分ごとの差異は特に表れていなかった。

図表 47 自家用車台数

図表 48 居住地域別の自家用車保有台数平均値

 自動車関連費用として、月あたりの平均では「自動車ローン」は25,736円(ローンを支払っている172人の平均値)、「駐車場代」8,999円、「ガソリン代」16,599円となっている(図表49)。さらに「居住地域別」にみると、駐車場代について、阪神間は10千円~15千円の範囲にあるが、それ以外の地域は5千円前後となっている。一方、ガソリン代は阪神間に比べて北播磨、但馬、丹波、淡路は1.5倍~2.5倍程度高く、これは、地方においてもガソリン単価はさほど変わらない事や、保有台数が平均2台以上あることが要因として推測される。

図表 49 居住地域別の自動車関連費