第3項 耐久消費財の保有状況等について

 本調査では総務省の「平成21年全国消費実態調査」の主要耐久消費財45品目(自動車等を除く)をもとに、生活実感として調査に加える必要があるもの(サイクロン型掃除機、TVゲーム機等)や、調査回答者の負担を軽減するために必要生計費算出の上では参考としない品目(20万以上のユニット家具、電気マッサージチェア、ブラウン管テレビ等)等を加除したうえで、現時点での主要な耐久消費財の保有状況を確認し、さらに買い替えや新規購入意向についての状況を調査した。
 その結果、保有状況に関しては、全回答者の7割以上、5割以上が保有していた品目は下記の通りであった(図表58)。

図表 58 7割以上、5割以上の保有率がある耐久消費財

 また、「今後1年間で買替もしくは新規購入予定がある」耐久消費財では、「携帯電話」(9.6%)、「パソコン」(7.1%)、「自家用車」(7.1%)、「自転車」(5.9%)が他の品目に比べて高くなっている(図表59)。

図表 59 耐久消費財の保有状況・買替等の状況グラフ