第1節 調査概要

【目  的】 必要生計費算出のために「マーケット・バスケット方式」を採用し、当該方式に必要な基礎資料として実勢価格を把握すべき品目に関して店頭価格実態調査を実施する。
【実施手法】 現地の小売店訪問による調査員の書取り調査
【調査対象地域・調査日】 

【調査内容】 地域の大型小売店において売られている473品目の店頭小売価格を調査(家電品については売れ筋商品の実勢価格を調査)
【調査品目】 総務省「家計調査」の「収支項目分類」及び2008年連合本部、同年連合大阪の最低限生計費算出時の品目一覧を参考とし、本年度実施したライフスタイル調査結果を加味して品目を設定。(※別表「品目リスト」参照)

【別表「調査品目リスト」】(クリックでPDFファイルが開きます)