引用・参考文献一覧

Shelburne, R.C. (1999). The History and Theory of the Living Wage Concept. Division of Foreign Economic Research U.S. Department of Labor, Washington, DC, April 1999.

江口英一(編). (1998). 改訂新版 生活分析から福祉へ-社会福祉の生活理論-. 光生館.
大竹文雄, 白石小百合, 筒井義郎(編). (2010). 日本の幸福度-格差・労働・家族. 日本評論社
上林陽治. (2011). 政策目的型入札改革と公契約条例(上). 自治総研通巻394号, pp.63-98.
菊池英明. (2010). 消費の社会的強制と最低生活水準. 季刊・社会保障研究. Vol.46 No.2, pp.101-110. 国立社会保障・人口問題研究所.
楠田丘. (1985). 生計費と賃金. 経営書院
厚生労働省. (2011). 平成22年就業形態の多様化に関する総合実態調査の概況.
厚生労働省. (2011). 平成22年版 働く女性の実情.
橘木俊詔, 浦川邦夫. (2007). 日本の貧困と労働に関する実証分析. 日本労働研究雑誌. No.563, pp.4-19. 独立行政法人 労働政策研究・研修機構.
田中洋. (2008). 消費者行動論体系. 中央経済社.
ダニエル・ネトル. 山岡万里子(訳). (2007). 目からウロコの幸福学. オープンナレッジ.
玉田桂子. (2009). 最低賃金はどのように決まっているのか. 日本労働研究雑誌. No.593, pp.16-28. 独立行政法人 労働政策研究・研修機構
都村聞人. (2006). 子育て世帯の教育費負担 : 子ども数・子どもの教育段階・家計所得別の分析. 京都大学大学院教育学研究科紀要. 第52号, pp.65-78.
トム・ラス, ジム・ハーター. 森川里美(訳). (2011). 幸福の習慣 世界150か国調査でわかった人生を価値あるものにする5つの要素. ディスカバー・トゥエンティワン.
ロナルド・ドーア. 石塚雅彦(訳). (2005). 働くということ. 中央公論新社.
橋本勇. (2003). 入門 地方公務員法. 学陽書房
御船美智子, 財団法人家計経済研究所(編). (2007). 家計研究へのアプローチ-家計調査の理論と方法-. ミネルヴァ書房.
財団法人労務行政研究所(編). (2010). 労政時報別冊2011年版賃金決定のための物価と生計費資料. 労務行政