トップページ2011年度必要生計算出事業費報告書 > 第2章 必要生計費の算出(試算) > 第1節 必要生計費算出のための「標準モデル世帯」の設定

第1節 必要生計費算出のための「標準モデル世帯」の設定

 必要生計費算出のためには、兵庫県内の幅広い労働者が活用できるような「標準モデル世帯」を設定しなければならない。また、ライフスタイル調査で考察したように収支バランスが崩れ、現実と理想のかい離が生まれている世帯に対する施策を講じるための者でもあることが重要でもあり、そのためのモデル設定も求められる。
 そこで、「標準モデル世帯」を設定するために、「世帯」(世帯の中には「年齢」「家族構成」の考え方も含まれる)、「地域」の二つ側面から兵庫県内の労働者を広くカバーできる代表性の高いモデルの探索を第一義とし、考察すべき問題意識によってふるい分けをするといった作業を以下で行っていく。