第5項 家具・家事用品

 一般的な生活をするために必要な品目として2008年連合本部・連合大阪の「最低生計費」算出のための品目を基礎とし、さらに、標準的な世帯が保有する品目として、ライフスタイル調査による「耐久消費財」の保有状況で5割を超えるものを加え、「店頭小売価格調査」や「小売物価統計調査」による価格により算出した。