トップページ › 働き方のタイプ › 派遣労働者

派遣労働者

働き方のタイプ

「労働者派遣法」に基づき派遣元事業所から派遣先に派遣されている労働者。
派遣元会社と雇用契約を結んだ労働者が、顧客企業の要請に応じて派遣され、派遣先会社の指揮・命令のもとで就業するという雇用形態です。
登録型と常用雇用型があります。
登録型とは、派遣会社に派遣スタッフとして登録しておき、実際に派遣されるたびに派遣会社と雇用契約を結び、派遣期間が終了すれば雇用契約も終了します。
常用雇用型とは、派遣会社に常用労働者として雇用されている形態をいいます。派遣が終了しても派遣元との雇用関係は継続しています。

特徴としては

労働契約
派遣元(派遣会社)と労働契約を結びます。職種(仕事の内容)は契約書に明記されています。
雇用期間
登録型では、有期雇用(派遣元と派遣先の派遣契約の期間)となります。常用雇用型では有期契約も無期契約もあります。
給与体系
時間給制が多く、賞与・退職金は支給されない場合が多い。
昇格昇給
派遣される業務(それをこなせる能力)によつて、派遣料金が決まります。給与に通勤費が含まれる場合が多く、その通勤費に課税されるとの問題があります。

といったものが挙げられます。